<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。

 

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。



<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術ブログ:09 4 2021

減量の効果は、
基礎代謝量によって左右されるようですね。

基礎代謝量とは、全く体を動かさない状態で、
呼吸・体温維持・血液循環などの生命維持に必要な活動に
消費されるカロリーの総計の一日分です。

最低限必要なカロリーは、
一日平均約1200カロリーと言われていますが、
日々の生活では、これ以上の多くのカロリーを消費しています。

ボクたちの実際のカロリー消費量は、
日々の生活での活動量によって増減します。

年齢とともに基礎代謝量は減るのが一般的ですので、
若いときと同じようにカロリー摂取していると、
脂肪を燃焼できずに太ってしまいます。

つまり、年齢とともに取るエネルギーを減らすとか、
トレーニングをして消費エネルギーを増やす努力が必要になってくる…
ということになります。

ならば、減量では
消費カロリーを増やして、摂取カロリーをグンと減らせば良いのだと、
単純な公式を描きがちですが…

人間の体はよく出来たもので、
食事で摂るカロリーを減らすと、
今までと同じようにエネルギーを使わずに済む…と判断してしまって、
痩せにい体になったりするんです。

それよりは、6時11時晩、
一日3回の食事の摂取カロリーには気をつけて、
一日の摂取カロリーは
「基礎代謝量」を下回らない様にすることに配慮しましょう!

特に、
減量に挑戦している時は、
綿密に食事の取り方についての検討が必要ですよ。

インターネット上では、
基礎代謝やカロリー計算について、
数字を入力するだけで、一発でわかるというサイトもあります。

利用してみると、改めて、
今まで知らなかった体のことが詳しくわかってきますよ!