<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。

 

実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。



<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのかブログ:02 12 2021

「あさ、早く起きて一緒に歩かないか?」

夫がそう言ったのは、5年前の秋の終わりのことだった。

ズボンのサイズがきつくなってきてお腹周りを気にしている、
なにか体操を始めた方が良いかもしれない…
という話の流れから出た言葉だった。

当時、あたくしは妊娠中で、安定期にはいっていた。
体重管理と体力作りのために、
やはり体を動かした方が良いと主治医に言われていたが、
妊娠中にできる体操は限られている。
夫の提案は、渡りに船だった。

こうしてあたくしたちは、次の日から歩き始めた。

いつもより60分ほど早く起きて、
まだ薄暗い街の中を歩く…

人気がない住宅街は、ちょっとした異次元空間のように見えた。
住宅街を抜けて川沿いの道に出ると、東の空がほんのり明るくなり始め、
モノクロだった世界は、太陽の光の登場で突然目覚める…

あたくしたちは、いろいろな話をしながら歩いた。
さわやかな風とまぶしい太陽の光のなかでは、
未来について話すことが最もふさわしいように思う。

生まれてくる子どものこと、
理想とする家庭像…
話は尽きることがなかった。

あさの散歩の効果かどうか、子どもの出産は安産だった。
夫も、ズボンを買い替えずに冬を乗り切った。

けれど、あの時間がくれた最大のプレゼントは、
あたくしたちがお互いへの理解を深めたことだった。

とりとめのない会話ではあったが、
これから新しい家族を迎え、一から家庭を築いていく上で、
なくてはならない重要な土台を
二人で作り上げていくことができたように思う。